かに辞典

代表的なかにの種類と特徴ウンチクなどを書いてます

かにの種類

たらばがに

たらばがに
【鱈場蟹】かにと言われていますがタラバはヤドカリの仲間で、足とハサミを合わせて4対(8本)しかありません。しかし実は小さな5対めの脚が甲羅の中に隠れています。タラバカニと言う名前は、タラの漁場で獲れるのでそう名づけられたそうです。 日本海、オホーツク海、ベーリング海など北太平洋に分布し、水温10度以下の冷たい海を好みます。太平洋側では襟裳岬、日本海側では隠岐島が分布の南限。普段は水深150〜300mの深海にいますが、産卵期には水深30m程度の浅い海に集まってきます。なんと 卵が孵る(かえる)まで1年、成熟するまでに10年かかるそうです、なんと貴重なたらばがにですね。 甲羅の中よりも脚の肉を主に食べるので、身の充実した冬場のオスが最も高く評価されます。甲羅の真ん中にトゲが6本あります。旬は11月から2月。アブラガニ−タラバガニとと良く似ていて、"タラバガニ"として売られている事もあるようです。

毛がに

毛がに
【毛がに】北海道を代表するかにとして全国的に知名度の高いかにです。生育地域は宮城県以北、北太平洋、北海道では全沿岸、日本海付近。 姿はハサミと足を合わせて5対です肉質は柔らかく、食べ易い大きさで人気があります。毛ガニの醍醐味は何と言っても「蟹味噌」!。その濃厚な旨みは、多くの蟹好きに「絶品」と収穫時期は毛ガニは4月〜5月、11月〜12月の2回産卵期となります。多くは春に産卵します。 

ずわいがに

ずわいがに
【ずわいがに楚蟹】北陸を代表するうまい蟹。ズワイガニの「ズワイ」とは、「楚(すわえ)」が訛った言葉 「楚(すわえ)」とは細い木の枝を表す言葉。福井県では越前蟹、山陰では松葉蟹、とも呼ばれます。 北陸の地場産はとても高価!柔らかく繊細な脚肉とたっぷりと入った蟹味噌はまさに冬の味覚の王者!。甲羅はタラバに比べ小ぶりですが、長く伸びた足に絹のように繊細で瑞々しい身が詰まっています。身はあさっりとした味わい、かに味噌は毛ガニに劣らず濃厚美味・珍味です!生育地域は、日本海沿岸、とくに山陰・北陸地方が有名。越前かには山陰から北海道までまでの日本海で水揚げされ中でも福井県の三国町の越前がにが最高に美味しいと言われております。日本海を畑にたとえると、福井県沖の海底の土壌と海流が蟹や魚の生育にとって条件が良いらしい。市場では大型のオス(メスは小ぶり)のみが、ズワイガニと呼ばれます。北陸地方では「越前がに」と呼ばれている。メスや幼がには「セイコガニ・コウバクガニ」と呼ばれ、安価で市場に出回っている。ズワイは身が細長いので「かにしゃぶ」向き。

あさひがに

・・・【朝日蟹、旭蟹】 濃い橙色をしていて、甲らは縦長で25cmにも達します。はさみは大きく、スパナのような形をしています。脚は全て平たく短かい。後退しながら砂に潜る。相模湾より南、インド洋西部まで分布します。水深30mから50mの砂底にすむ。肉量は多く、白身で淡白な味わい。各地の水産試験場で養殖が計画されているが幼生期間が長くまだ成功には至っていない。近い将来、養殖ものが食卓に並ぶようになるかも。ローカルなカニであるが冷凍ものが広く出回っている。 旬は夏です。

たかあしがに

・・・【高脚蟹】 世界一大きいカニとして有名。甲は縦長の洋ナシの形をしている。成長した雄が左右脚を広げると4メートルに達する。駿河湾や紀伊半島沿岸、土佐湾などではかなり漁獲され地元の名物として販売されているトロール船で網に掛かる水深は200mから400mだが春先の生殖期には水深20mの浅海にやってくる。漁期は9月から5月までで旬は冬。肉は柔らかいが、やや大味で苦みがある。ゆでて二杯酢で食べるほか、鍋物、蒸しものなどに向いている。

はなさきがに

・・・【花咲蟹】 たらばがにと同じように、やどかりの仲間です。かつて漁場のあった根室半島の旧名である花咲半島にちなんでつけられたもの。北海道襟裳岬からオホーツク海、カムチャッカ半島ベーリング海まで分布する。甲らは15cmほどで、表面に固い突起が複数あるのが特徴 水深20mから190mに生息。籠網で捕獲されるが集団ととなる傾向があるため当たり外れが大きい。甲、はさみ脚、歩脚に強い突起があり甲の大きさに比較して歩脚が太く短かい。ゆででから冷凍出荷されるのがほとんどで缶詰にされるのは少ない。ゆでて鮮やかな赤色になったものが売られていて、味は濃厚で、甘みがあり、身の量も多いのですが、殻が固いので少し食べるのに苦労します。二杯酢で食べることが多いようです。体は紫がかった鉄さび色で、ゆでると鮮やかな赤色になります。旬は秋で、9〜11月ごろです。ロシアからの輸入ものが夏頃、冷凍ものが通年出ている。