屋形船の今昔

屋形船の歴史は古く原型は歌集「万葉集」で詠われています。屋形とは元来日光や雨風をしのぐために作られた苫(とま)が発達したもの,平安時代以降,貴族の遊船,官船などさまざま船に屋形が取りつけられるようになりました。貴族の豪華な屋形と庶民的な商船用の屋形は目的が異なるために,構造や装飾も違ってきました。貴族が楽しんだ屋形船は江戸時代には大名や武家の持ち物になり金.銀.絵画.漆などで装飾しお客さんは芸者と遊ぶことが一般的になりました。料亭より格式が高いと言われ豪華絢爛な時代を迎えた。屋形船遊びは昭和20年前後より戦後の混乱や水質汚濁が原因で隆盛に陰りが見えはじめました。昭和後半ごろには現在のエンターテイメント性の強い屋形船が登場してきました。現在では15名ぐらいから100名クラスの大型屋形船も就航している。設備は男女別のトイレ.通信カラオケ,エアコン.スカイデッキ搭載の屋形船が一般的になってきました。


屋形船のご予約貸切、乗合どちらでもお気軽に

屋形船

屋形船の歴史

東京界隈の花火

屋形船から見る花火

屋形船でもんじゃ焼き

屋形船

相互リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 屋形船東京湾あそび. All rights reserved